企業がネットで誹謗中傷された場合の対策や対処は?

  1. 誹謗中傷
  2. 1 view

インターネット上で、自社に関する誹謗中傷を目にしたとき、会社としてはどのような対策をすればよいのでしょうか?

実際、多くの場合、対処法や対策の手段がわからないという企業さまがほとんどのようです。ここでは、会社に関するネットの誹謗中傷や名誉棄損に対する対策についてまとめていきたいと思います。

自社でネットの誹謗中傷に対処するのは大変

インターネットの口コミサイトや、掲示板などで、自社の誹謗中傷を目にすることもあるでしょう。中には、インターネットの誹謗中傷が書かれているページが、自社の公式サイトよりも上位に表示されてしまい、業務に支障が出たり信頼が損なわれるきっかけになってしまう場合もあります。

しかし、このようなネットの誹謗中傷に対して、対応するには詳しい知識を持たない方にとっては難しいかもしれません。

さまざまな対策を講じたにもかかわらず、全く効果が得られない場合や、かえって被害が拡大するという結果につながってしまう事もあり、大変な労力や不必要な費用をかけてしまう場合があります。

ネットの誹謗中傷対策は専門家の知識があると安心

このようなネットの誹謗中傷対策としては、やはりしっかりとした知識を持ち合わせた専門家に対策を聞いてみるのが一番です。自社で対策をするよりも、さらに効果のある方法が存在することもあるからです。

書き込みに対する対応だけでなく、その後の定期的な監視など悪い情報がネット上に広がらないような対策もあります。

ネットの誹謗中傷対策を専門とする会社に相談するには?

しかし、このようなネットの誹謗中傷対策を専門とする会社へ相談するといっても、どのような場所にどうやって相談すればよいのわからないという方がほとんどになります。

実は、近年このような問題やネット上の情報に関するトラブルが非常に多くなってきているため、誹謗中傷対策サービス会社というものがたくさん出てきているのです。いくつかの会社がありますので、自社のケースに照らし合わせて、最も効果が見込めると感じられる会社に相談してみるとよいでしょう。

各社見積もりなどは無料で行ってくれることがほとんどですので、いくつかの会社に相談してみて受付の対応や提案内容を見てから決めるのがいいと思います。

ソルナ株式会社 芳野 浩文

【内閣府認証協会認定資格「ブランドドクター1級」保有】大学卒業後、英国メーカーの日本法人に技術者として勤務。現在は、法人専門Webリスクコンサルタントとして、個別コンサルティングから企業研修まで幅広く従事。

記事一覧

関連記事