ネットの誹謗中傷は警察に通報すれば対処してもらえるのか?

  1. 誹謗中傷
  2. 51 view



「犯人がわからないネット上の誹謗中傷に警察が対応してくれるのか…」
「でも、このままではお客さんが減ってしまう…」

この記事ではネットでの誹謗中傷や風評被害を受けている方が警察に相談する前に確認するべきポイントについて掲載しています。

  • そもそも警察はネットの誹謗中朝に対応してくれるの?
  • 警察に相談する前にまとめておく情報とは?
  • 警察で対処してもらえない誹謗中傷とは?

などを実例を元に日々最前線で対応している専門家が解説していきます。

bana058

自社に関する誹謗中傷などを目にした際、警察に相談すれば何らかの対策を講じてもらえるものなのでしょうか?

以前は、インターネット上の誹謗中傷や、悪質な書き込みなどに対しては警察は関与せず、捜査についても消極的でしたが、最近ではサイバー犯罪なども増えてきていることから警察でも関連部署を立てて対策に講じています。

犯罪性のあるネットの誹謗中傷は警察に相談

まず、明らかに犯罪性のあるような書き込みや誹謗中傷は、迷わず警察に通報や相談をすることをおすすめします。

自社の特定の人物の名前を挙げて中傷したり、傷つけることを予告するような書き込みなどが何度も繰りかえされるようなケースは、明らかに悪質です。このような場合は、すぐにでも警察に相談しましょう。誰かに危害を与えるような内容ではない場合でも、自社内の特定の個人に関する悪評などは、名誉棄損や侮辱に当たる場合もありますので、こちらも警察に相談すべき内容だといえます。

また、個人事業や法人の場合でも、内容によっては業務妨害や信用毀損にあたる可能性がありますので、警察に相談してみても損はありません。

警察に通報するために情報を整理しておく

では、どのようにして警察に相談をすればよいのでしょうか?

まず、大切なことは警察に通報するために情報を整理しておくことです。どのサイトに、どのような誹謗中傷がなされているのかなどをリストにしたり、ページを印刷するなどをしておきましょう。

警察で確認しやすいように、日時などを記録しておくとよりスムーズかと思います。そのうえで、各都道府県警のサイバー犯罪相談窓口などへ相談します。もしくは、最寄りの警察署などでも対応してくれる場合がありますので、どちらかに相談するとよいでしょう。

警察で対処してもらえないネットの誹謗中傷もある

しかし、罪に問えないような誹謗中傷などの場合、警察では対応してくれないケースもあります。

被害状況がはっきりしない場合や、見る人が見れば自社の事だとわかるものの、はっきりとそうとは明記されていないようなあいまいな場合だと警察では被害届などを受理してもらえない事もあります。

また、内容次第では「よくある口コミのひとつ」というように判断されてしまう事もありますので、簡単には警察が動いてくれない場合もあるのです。

警察に「これは犯罪として扱うのは難しい」と言われたら

警察に相談して「これは犯罪として扱うのは難しい」「罪に問える内容ではないので警察では対応できない」といわれてしまった場合は、どのように対策をすればよいのでしょうか?

何と言っても警察に相談することのメリットは、費用がかからないことですが、そのために、警察では多くの個人からの訴えも受け付けているため、膨大な業務を抱えています。

会社への業務妨害により損害を被るなど緊急性が高い場合などは相手に罪を問うよりも、まずは書き込みに対して対策を講じることを優先させるべきケースがあります。

もし犯人の特定を急ぎたい場合は、弁護士に相談するほうが時間を短縮できるケースが多いです。

法人の場合、もう少し注意が必要です。犯人の特定さえすれば一件落着とはならないからです。

書き込みが1箇所ではなく、複数のサイトに掲載されてしまっている場合など、削除が進まない限り悪影響は続きます。

また、悪意ある書き込みの影響で落ちた信用を元に戻す必要もあります。

会社のブランディングの回復も含めて対策が必要な場合は、風評被害対策の専門会社に相談するのも1つの方法です。

風評被害対策の専門会社はどんな事をしてくれるの?

風評対策専門のソルナ株式会社では、現在の被害状況を徹底的に解析し、その場しのぎの対策だけではなく将来の再発防止まで視野にいれた対策を提案します。

また電話対応はオペレーターではなく内閣府認証NPO法人認定の風評被害対策の専門資格「ブランドドクター1級」の資格を持つプロフェッショナルが対応しております。

「この書き込みは対策できる?」とお問い合わせ頂くと、そのお電話で簡易的な調査をして一番効果的な対策方法をアドバイスさせて頂きます。

bana058


無料相談はこちらから

問題のサイトのURL*必須

今まで何か対策はされましたか? *必須
警察に相談した弁護士に相談した自社で対応したが無理だった対策会社で対策を頼んだが、改善されないいいえ初めてです

貴社名 *必須
(法人のお客様専用ですので、個人の方の問合せはお控えください)

部署/お役職名 *必須

ご担当者名 *必須

電話番号 *必須

メールアドレス *必須

備考:その他、ご不明な点がございましたらご記入ください

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha

個人情報の取り扱いについて

1.個人情報の取扱いについて

株式会社plusbox(以下、当社)は、個人情報を収集させていただきます。以下に定める利用目的の範囲内で取得した個人情報を利用させていただくものとし、その取扱いにあたっては関係法令を遵守の上、適切な取扱いと保護の徹底に努めます。

2.個人情報の安全対策について

当社は個人情報の漏えい、滅失または棄損等を防止するため、合理的な安全対策を講じるとともに、技術面、運用面からの必要な措置を講じます。ただし、不正アクセスを防止する絶対的な技術および方法が存在しないことを予めご了解下さい。

3.個人情報の利用について

当社がお預かりするお客様の個人情報は、以下の目的で利用いたします。
(1)当社サービスに関するご相談・お問い合わせへの対応のため
(2)当社サービスに関するご案内のため
(3)当社サービスのご契約およびお支払等の確認のため
(4)当社サービスの提供におけるご本人様確認のため

4.個人情報の第三者への提供について

当社が保有する個人情報は、以下の場合を除き、原則として第三者に開示または提供することはありません。
(1)問い合わせ内容に対応および特典の送付のため、提携企業であるソルナ株式会社へ情報を提供する場合
(2)ご本人様の同意に基づく場合
(3)法令に基づく場合
(4)生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(5)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(6)国の機関および地方公共団体またはその委託を受けた者が、法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

5.個人情報についてのお問い合わせ等
お預かりしている個人情報の開示等利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者へ提供の停止が必要なとき、および苦情・ご相談については、以下窓口までお申し出ください。ただし、ご本人様または法廷代理人であることの確認が出来ない場合、および、法令の定めに反する場合、または当社の適正な業務遂行に著しい支障をきたすおそれがある場合などにおいて、ご要望にお応えいたしかねることがございます。予めご了解下さい。

【個人情報相談窓口】

株式会社plusbox
問い合わせ:こちらから
制定:平成28年6月1日
改定:平成28年8月30日

株式会社plusbox 代表取締役 藤本 賛

上記の「個人情報の取り扱いについて」に同意される方のみ「送信ボタン」をクリックして送信ください。

ソルナ株式会社 芳野 浩文

【内閣府認証協会認定資格「ブランドドクター1級」保有】大学卒業後、英国メーカーの日本法人に技術者として勤務。現在は、法人専門Webリスクコンサルタントとして、個別コンサルティングから企業研修まで幅広く従事。

記事一覧

関連記事