ネット掲示板での風評被害は名誉棄損で訴える事ができるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
yota85_husaiyou215135819_tp_v

2ちゃんねるをはじめとするネット上の掲示板は匿名で書き込みができるのが特徴です。匿名ということで内容が過激になる傾向もあり、書きこまれた内容がもとで風評被害が起こす場合があります。

被害を被った側からすると何らかの形で相手に罪を償って欲しいと思うのは当然の気持ちです。ネットの掲示板の書き込みによって、自社の売り上げが落ちてしまうなどの損害を被った場合などには、損害賠償請求も考えられますが、損害賠償請求は立証するのが容易でないため訴えるのが難しい問われています。

ネット掲示板による風評被害は名誉棄損で訴える事は可能

ネット掲示板に書きこまれた内容がもとで風評被害を被った場合、相手を名誉棄損で訴えることは可能です。名誉棄損罪は親告罪ですので、被害側が訴えをおこせば刑事訴訟でも民事訴訟でも訴える事ができます。

風評被害を受けるほどの状況なのであれば、名誉棄損で訴えを起こすことは可能と判断できる書き込みである可能性は高いでしょう。

とはいえ、実際に訴えるべきかどうかは一度弁護士に相談をすることをおすすめします。名誉棄損の訴訟は、勝訴に至った場合でも3年以下の禁固または懲役、もしくは50万円以下の罰金刑とされています。

名誉棄損で相手を訴えるためには、当然ながら、ネット掲示板に書き込みをした人物を特定するための労力や時間、場合によっては費用なども発生してきます。

名誉毀損罪(ウィキペディア)

弁護士の助けを借りる場合は着手金が発生します

また、弁護士の助けを借りる場合などは、着手金なども発生してくることでしょう。しかし、このように労力と時間をかけて名誉棄損で相手を訴えても、刑罰が軽い事や、勝訴をしても受けた風評被害が簡単になくなるというわけではありません。

そういう面も含めて、弁護士に相談をしてから、訴えを起こすべきかを考える事が得策だといえるでしょう。

岡本

岡本ソルナ株式会社【RMCA認定 Brand Doctor1級講師】

投稿者プロフィール

神奈川県出身。早稲田大学卒業後、翻訳会社に勤務し、大手製薬会社のグローバルデータベース運営に携わる。学生時代に近現代の情報操作やプロパガンダに関心を持ち、ソルナ株式会社へ転職。誹謗中傷対策の専門コンサルタントとして活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. PAK86_denwataiousuruboss20141123103458_TP_V
    インターネット上に書きこまれた情報がもとで、風評被害を受けるということは決して珍しい事ではなくなりま…
  2. Green21_hyuhyu20141123121153_TP_V
    近年、利用者が非常に多くなりつつあるSNSなどのネットサービス。掲示板やブログなどと比較してもSNS…
  3. c3af4db7739eb921de1dc0c02234bf38_s
    企業にとって都合の良い法案は… 今国会会期は9月27日まで延長され、安倍首相が労働改革の柱の一…
  4. green_googlekasu20141024215319_TP_V
    インターネット上で、特定の人物や企業などに対する誹謗中傷を発見した時、どこへ通報すれば適切に対処して…
  5. PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151_TP_V
    e戸建て・マンコミニティーは、ハウスメーカーや工務店など、実名を用いてやり取りができる、注文住宅・建…
  6. max16011522_tp_v
    ネット上の書き込みがもとで、風評被害を受けてしまった場合、一般に相手を名誉棄損で訴えるという事は可能…
ページ上部へ戻る