ネットの風評被害に対して何の法律で訴訟を起こすべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OOK75_igiari20141221144639_TP_V

ネットで受けた風評被害に対して、法律的に何らかの形で罪を与えたいと思うのは、ごく当然の気持ちです。しかし、法律的にどのような罪が成立するのかが分からなければ、訴訟を起こしようがありませんよね。

そこで今回は、ネットの風評被害に対して、法律的にどのような罪で訴訟を起こすことができるのかや、訴訟についてまとめてみました。

ネットの風評被害に関連する罪にはどのようなものがあるのか?

名誉毀損罪

名誉毀損は、名誉に対する第230条の罪です。こちらは告訴が必要な親告罪になります。名誉毀損と聞くと、人物に対しての名誉ととらえられがちですが、会社や企業に対しても、名誉毀損罪は成立します。

不特定多数の人が認識できるようなネットの掲示板などを通して事実を摘示するようなことがあれば、名誉毀損罪で訴える事は可能です。この場合、名誉毀損罪が認められると、その書き込みを行った人物は、3年以下の懲役または禁錮、もしくは50万以下の罰金刑となります。

信用毀損罪及び業務妨害罪

信用毀損罪及び業務妨害罪とは、信用及び業務に対する罪の第233条に当たります。虚偽の噂などを広めて、人の信用や評価を落として著しく業務を妨害する結果になった場合などに認められる罪になります。

信用毀損罪においては、親告罪ではありませんので刑事告訴も可能です。こちらも3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

また、これらの罪に対して訴えるほかにも、風評被害に対する損害賠償の請求訴訟を起こすことも可能です。また、慰謝料の請求に関する民事訴訟のみを別途起こすこともできます。

告訴の場合はどこに相談するべきか?

このように、ネットの風評被害で相手を告訴する場合は、どこへ相談するべきなのでしょうか?

最も、一般的で理想的なのが弁護士に相談することです。弁護士に相談をすることで、どのような罪に問う事が望ましいかを判断することもできるでしょう。また、告訴に関わるさまざまな手続きであっても、弁護士の手を借りる必要が出てきます。

訴えるべき相手となる、ネットの書き込みをした人物を特定するための各種請求手続きにおいても、弁護士の協力が必要になるでしょう。

このように、告訴を考えた場合にはさまざまな面で弁護士の力が必要となるため、できるだけ弁護士に相談をして進めたほうがよいでしょう。

風評被害を訴えても罪は軽いことが多い

しかし、企業が受けた被害の規模を考えると、比較的罪が軽い事が多いのが現状です。名誉毀損でも、信用毀損罪でも罰金は最大でも50万円ですし、実際そこまでの金額になることはまれでもあります。

そのため、弁護士に依頼をしてさまざまな手続きをして時間や労力をかけたのに対して、罪が比較的軽いという理由から、告訴をしない選択をする会社もあるようです。

さらに、法律家(弁護士や裁判官)と、一般人の間には、これらの法律に抵触するかしないかという点について、大きな認識の違いがあることが多く、すごく困っているのに裁判ができるレベルでない誹謗中傷だ、と認識されることもよくあります。いずれにしても、訴訟については弁護士に直接相談するのが良さそうです。

芳野 浩文

芳野 浩文ソルナ株式会社【RMCA認定 Brand Doctor1級講師】

投稿者プロフィール

大学卒業後、英国メーカーの日本法人に技術者として勤務。現在は、法人専門Webリスクコンサルタントとして、個別コンサルティングから企業研修まで幅広く従事。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. freee151108368494_TP_V
    ネットの悪質な書き込みが原因で風評被害を受け、なんらかの損失や損害を受ける場合があります。 こ…
  2. MAX98_naniittenda20140531_TP_V
    Yahoo!知恵袋は、男女年齢問わず多くの人たちが質問をし、さまざまな人がその質問に対して回答を行う…
  3. cc0160170531_tp_v
    2chでは匿名性の高さから、投稿者は好きなように投稿することが可能です。ジャンルも話題もさまざまで豊…
  4. freee151108008528_TP_V
    ネットで誹謗中傷を目にした場合の対処法はさまざまです。もしも、誹謗中傷をした相手を名誉毀損で訴えたい…
  5. max16011522_tp_v
    ネット上の書き込みがもとで、風評被害を受けてしまった場合、一般に相手を名誉棄損で訴えるという事は可能…
  6. cc089329c1bc18cbbae779ac8407438c_s
    「このままではお客さんが減ってしまう…」 「新規採用で応募者がいなくなる…」 …
ページ上部へ戻る