ネットの風評被害、名誉毀損で訴える際の相談先はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
yusei_nomikaidotakyan_tp_v

ネットに書かれた情報により、風評被害を受けているという場合には、書き込みを行った相手に対して何らかの訴えを起こすことで、周囲の信頼を回復させることにつながる場合があります。現時点では風評被害に対する直接の罰則などはないため、名誉毀損などで訴えをおこすのが比較的現実的だと言えるでしょう。

では、一体どのようにすればネットの風評被害を起こした相手を名誉毀損で訴える事ができるのでしょうか?

また、誰に相談するのが適切なのでしょうか?それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ネットの風評被害、名誉毀損で訴える場合は弁護士に相談を

ネットの誹謗中傷や風評被害などは、たとえ被害側が被害を受けたと感じていても、大した罪に問えない場合があります。実際に書きこまれている内容や期間など総合的に見たうえで、これらを法律に照らし合わせて判断する必要があります。

もしも、風評被害の元となる書き込みをしている相手に対して、名誉毀損の訴訟を起こすという場合であっても同様の判断が必要です。書き込みの内容が名誉毀損に当たるかどうかは、素人ではなかなか適切に判断ができるものではありません。

こういった判断も含めて、名誉毀損で訴える気持ちがある場合には、まずは弁護士に相談するのが賢明だと言えるでしょう。

名誉毀損の訴えが通れば書き込みは削除されるが・・

対象となるネットの書き込みが名誉毀損に当たると裁判で判決が下された場合、該当する書き込みは裁判所の強制力を持って削除してもらう事が可能です。

しかし、もしもこれらの書き込みが罪にには当たらないという理由から、名誉毀損などの訴えを起こせないような場合もあるでしょう。こうなると、書き込みを削除するための裁判所命令などは下されないため、書き込みはそのまま残る事となります。

岡本

岡本ソルナ株式会社【RMCA認定 Brand Doctor1級講師】

投稿者プロフィール

神奈川県出身。早稲田大学卒業後、翻訳会社に勤務し、大手製薬会社のグローバルデータベース運営に携わる。学生時代に近現代の情報操作やプロパガンダに関心を持ち、ソルナ株式会社へ転職。誹謗中傷対策の専門コンサルタントとして活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. LIG_okanebaramakareru_TP_V
    インターネット上で誹謗中傷を繰り返し、相手の名誉を傷つけたり侮辱したりしていると、最悪訴えられてしま…
  2. mart
    初摘発第一号 全国に展開する靴の販売店ABCマートが労働基準法違反で書類送検されました。201…
  3. bl008-cyottomatteyo5820140810_tp_v
    いまや全部「○○ハラ」 最近の世の中はとかく「○○ハラ」が氾濫しています。これだけ目にするって…
  4. OY151013571246_TP_V
    以前は、インターネット上の誹謗中傷や、悪質な書き込みなどに対しては警察は関与せず、捜査についても消極…
  5. YOTA93_minogasanai15133536_TP_V
    ネットの掲示板などに書きこまれた情報が拡散し、企業自体の信頼を低下させたり、商品が売れなくなってしま…
  6. ms251_kokoderuyo_tp_v
    2chには、削除に関する独自のガイドラインを設けています。削除人と呼ばれるボランティアの人たちが、削…
ページ上部へ戻る