SNSによる風評被害は名誉毀損で訴えることは可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
max16011522_tp_v

ネット上の書き込みがもとで、風評被害を受けてしまった場合、一般に相手を名誉棄損で訴えるという事は可能です。

しかし、SNSのような特定の人物しか見ないような媒体での書き込みがもとで風評被害が発生してしまった場合は、どうなのでしょうか?

今回は、SNSのようなコミュニティ内での発言が元となる場合の風評被害を名誉棄損で訴えられるかどうかについて考えてみたいと思います。

SNSによる風評被害を名誉棄損で訴えること自体は可能です

たとえ、発言の媒体がSNSなどであった場合でも、その発言がもとで風評被害を受けているようであれば、名誉棄損で訴える事が可能となります。

SNS内で、誰もがその内容を確認できる状況において、事実を摘示して信用を落としたり、名誉を損なうような発言を行っているのであれば、名誉棄損として相手を訴える事は十分に可能であると考えられます。

SNSは限られた人しか見られないから「公然」ではない?

名誉棄損で訴えるには、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損」しているという事実が大切になります。
(参考ページ:弁護士に聞いた!名誉毀損ってどんな時に成立するの?

SNSというと、仲間内だけのやり取り、というイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、FacebookやTwitterなどオープンな状況下での発言であることも多々ありますので、SNS=公然ではない、というわけではありません。

ただ、SNSの中でも利用率が最も高いのはLINEです。LINEのグループ内の数名しかその発言を知りえない状況というケースで誹謗中傷を受けたとしても、これを「公然」であるとするには少し無理があります。

実際に弁護士に聞いてみたところ、名誉毀損には当たらないでしょう、ということでした。身近な人とのやり取りをするツールなだけに、LINE上でいじめがおきれば大きな精神的苦痛を受けることになりかねません。被害にあった人にとっては腹立たしく歯がゆく感じるでしょうが、現在の法律では名誉棄損で訴えるのは難しそうです。

もし限られた小数グループで誹謗中傷されて困った場合などは、出来るだけ周囲の人に相談し、決して一人で抱え込むことがないようにしてくださいね。

名誉棄損で訴える場合には弁護士に依頼することになります。訴訟ができるかどうかも含めて相談することをお勧めします。

岡本

岡本ソルナ株式会社【RMCA認定 Brand Doctor1級講師】

投稿者プロフィール

神奈川県出身。早稲田大学卒業後、翻訳会社に勤務し、大手製薬会社のグローバルデータベース運営に携わる。学生時代に近現代の情報操作やプロパガンダに関心を持ち、ソルナ株式会社へ転職。誹謗中傷対策の専門コンサルタントとして活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. c3af4db7739eb921de1dc0c02234bf38_s
    企業にとって都合の良い法案は… 今国会会期は9月27日まで延長され、安倍首相が労働改革の柱の一…
  2. max16011522_tp_v
    ネット上の書き込みがもとで、風評被害を受けてしまった場合、一般に相手を名誉棄損で訴えるという事は可能…
  3. a80f1d6c6827958816c7034215236676_s
    情報流出は企業の評判に致命傷 いよいよマイナンバー法が施行され、番号の通知が始まりました。先日…
  4. OY151013571246_TP_V
    以前は、インターネット上の誹謗中傷や、悪質な書き込みなどに対しては警察は関与せず、捜査についても消極…
  5. cc0160170531_tp_v
    2chでは匿名性の高さから、投稿者は好きなように投稿することが可能です。ジャンルも話題もさまざまで豊…
  6. ms251_kokoderuyo_tp_v
    2chには、削除に関する独自のガイドラインを設けています。削除人と呼ばれるボランティアの人たちが、削…
ページ上部へ戻る